2013年10月09日

ここが違う超速い楽天スーパーwifiのメリット

公式サイトより、
回線と端末はイー・モバイル。その史上最高端末を楽天スーパーWiFiで。

他社では同じ月に一定のデータ通信量を超過して通信すると、通信速度が128kbpsという速度制限が適用されます。
超過後に通常の速度で利用を続けるには、2GBごとに2625円の追加料金の支払いが必要なのが一般的です。
速度制限が適用される通信量には、様々な料金プランに応じた条件が設けられています。

『楽天スーパーWiFi』では、今のところ当月の通信量で速度制限を適用するという条件はありません。ただし、特定のユーザーによる過度の通信を抑制するために、24時間で300万パケット、366MBの通信を行うと当日の21時から翌日の2時まで速度制限が適用されます。2014年5月以降は、当月の通信が10GBを越えると速度制限が適用される予定です。

圧倒的なスピード
下り最大110Mbps、イー・モバイルとソフトバンク2社のネットワークが使える
これまでのイー・モバイルのLTEに加え、ついにソフトバンクのネットワークも使用可能に。2社の強みを集結し、AXGP/LTE/3Gの高速マルチネットワーク対応。それがEMOBILE 4G*2なのです。
2社のネットワークを使えるからこそ、安心して何処にいても高速通信が可能になりました。
※高速通信の地域は公式ページよりご確認下さい。

但し、この下り110Mbpsですが、実際にこの速度が出ることは、無いといえます。
例えば家の光回線を見てもどう見ても1Gbpsは出て無かったりとありますが、
私の使った感覚ですと、ほぼ家の光回線と互角に渡りあえるスピードを持っていました!

もちろん、使用場所が屋内の防音されてる部屋の中などでは、多少遅くなります。
基本高速スピードを実現できるのが、この楽天スーパーwifiです。

実は私も昔EMOBILEを使用していました。
今回の楽天スーパーwifi(EMOBILE)ですが、使用するまでは、
疑っていました。 以前は確かに遅かったのですが、
今回は本当に速くなってました。

楽天スーパーwifi公式サイトへ
posted by 楽天スーパーwifi at 15:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなに安いの楽天スーパーwifi他社との料金比較

楽天スーパーWiFiは、下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsのデータ通信が可能なモバイル通信サービスです。
iPhone 5が対応して話題になった第4世代の高速通信サービスであるLTEに対応し、LTEエリア外ではEMOBILE G4の下り最大42Mbps、上り最大5.8Mbpsの通信が可能になっています。

楽天スーパーWiFiの料金は、2年契約で端末価格が実質0円、月額料金は3880円。イー・モバイルが提供するPocket WiFi LTE GL04Pと同等の料金体系です。

他社の定額制サービスでは5985円、4985円、3880円で提供されるものがありますが、データ通信量に応じて速度制限や追加料金が発生し、その点が『楽天スーパーWiFi』を差別化するポイントになりそうです。

やはり2年契約の月額料金3880円については、かなり安いそして、速度においても、他者を圧倒する位なスピードを持っていて、

間違いなく、私が思うにモバイルwifiの中では、No.1 と言えます。

もし、他社の契約を考えている方がいましたら、一度楽天スーパーwifiも視野に入れてみてはどうでしょうか。

楽天スーパーwifi公式サイトへ
posted by 楽天スーパーwifi at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。